HOME       LIST

【Classic ASP】UTF-8対応

Classic ASPでのUTF-8対応

他人との比較は辞めて、自分の過去と比較して未来の自分を目指す。 - 2016/09/15(DOJEUN)

hush hush(秘密の/静かに(する))


①ASPの最初に <%@ CodePage=65001%> を定義
②ASPファイル自体をUTF-8形式に保存
*AJAX関連XMLHttp通信の場合、データは「UTF-8」で交通する。

以前コンテンツ:【Classic ASP】文字列から指定バイト分の文字列を取得する。
次のコンテンツ:【Classic ASP】エラー処理



Copyright(c) 2007-2020 dojeun.com All Rights Reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional